ヨーグルトはいつ食べるのが便秘に効果的?

便秘予防・便秘解消のために、日頃からよく食べられているヨーグルト。

便秘解消に効果を発揮してくれるだけではなく、食べ物としても美味(おい)しいので、ヨーグルトを食べるのが日課だという人も少なくありません。

ヨーグルトが便秘に効果的であることは間違いないのですが、ヨーグルトを食べるタイミングによって、その効果をもっと感じることが出来るのです。

そこで今回が「ヨーグルトはいつ食べると便秘に効果的?」というテーマで、御紹介します。

どうしてヨーグルトが便秘に効果的なの?

腸内環境を、意識して毎日を過ごしていますか?

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、善玉菌が優勢の状態が良いとされています。

悪玉菌が増えすぎてしまいますと、腸内環境が悪化して、便秘や下痢を引き起こしてしまうのです。

そこで、便秘や下痢をしない、元気な腸生活を送るためには、善玉菌を増やすことが大切!

ヨーグルトが便秘に効果的なのは、善玉菌である「乳酸菌」がたくさん含まれているからなのです。

ブドウ球菌・ビフィズス菌・ウェルシュ菌などの乳酸菌には、腸内の環境を整えたり、免疫力をアップさせたりなどの嬉(うれ)しい効果が期待できます。

だから、ヨーグルトが便秘に効果的と言われているのです。

便秘に効果的なのは、朝食後のヨーグルト

1日に始まりに便秘が解消されますと、体も心もスッキリとした状態で出掛けることができます。

そこで、できるだけ朝に排便する習慣をつけていきましょう。

ですから、便秘解消のためのヨーグルトは「朝」に食べるのがおすすめです。

それも、朝食後にヨーグルトを食べるのが、ベストタイミング!

朝食を食べることによって胃酸が弱まり、乳酸菌たちが元気な状態で、腸まで届きやすくなるからです。

加えて、ヨーグルトが腸にちょうど良い刺激を与えて、便を出しやすくしてくれることも考えられます。

「朝食後にヨーグルトを食べる→トイレに行く→便秘が解消される」という流れを、身体に覚えさせることが大切です。

時間のない方は、バナナを1本食べた後に、ヨーグルトを食べるくらいで大丈夫。

食物繊維が豊富なバナナと組み合わせは、便秘解消につながるベストコンビです。

ヨーグルトに即効性はなし。毎日食べてこそ効果が出る

「便秘をしたから、ヨーグルトを食べてすぐに解消したい」と考えるのは、間違っています。

ヨーグルトは便秘薬ではありませんので、食べてすぐに効果がでるとは限りません

ヨーグルトに即効性はないのです。

とにかくヨーグルトは、毎日食べることが大切です。

できるだけ朝のタイミングを守っていただきたいのですが、朝は忙しくて無理だというのなら、昼でも夜でも構いません。

取りあえず、毎日乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べる続けることが、最優先です。