腸内フローラとは?わかりやすく解説!

「腸内フローラ」という言葉を聞いたことはありますか?便秘をしない腸内環境に整えるためには、知っておくべき言葉になります。

そこで今回は「腸内フローラとは?」というテーマで、基本的な知識をご紹介します。 ちなみに、100人いれば100通りの腸内フローラが存在します。

いったいどのようなことなのでしょうか?

腸の中はお花畑。腸内フローラとは?

「腸内フローラとは」という質問に一言で答えるのなら、腸内細菌の種類別の集まりです。大腸の中には膨大な種類、そして数の腸内細菌が存在していますが、きちんと種類ごとに分かれて並んでいます。

その光景が、チューリップやパンジーなどのお花ごとにまとまって咲いている、お花畑のように見えることが「フローラ」という名前の由来に関係しているのです。

ちなみに、腸内フローラだけではなく、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)やミクロビオータとも言われています。

腸内フローラを構成する腸内細菌は多い!

「腸内フローラって、何なんだろう?」と疑問が浮かんでくるでしょう。

腸内フローラは約100兆の腸内細菌で構成されていて、重さは驚くことに1.5kgほどということです。

腸の中に、こんなにもたくさんの菌が集中しているのには、理由があります。

腸に集中しているほとんどの菌が偏性嫌気性菌(酸素を嫌う性質がある)のため、酸素の少ない大腸が成長していく環境を作り上げていくためです。

だから、こんなにも多くの腸内細菌が腸内に集中しているのですね。

腸内細菌は毎日変わる!

腸内フローラにいる腸内細菌は、毎日入れ替わっています。

ずっと腸内に留まる菌もいれば、数日で体外排出される菌もあり、常に状況は変化しているのです。

また、1人1人の腸内フローラの環境も違うので、100人いれば100通りの腸内フローラが存在するというわけです。

ちなみに、腸内フローラを構成する菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3つのタイプに分かれています。

人間誰しも腸の中に3つの腸内菌が存在しますが、腸内でのバランスは人それぞれです。

善玉菌が多くなるのか、悪玉菌が多くなるのかは、個人の食生活や生活習慣、ストレス、年齢などによって影響を受けて、日々変化しています。

腸内フローラのバランスが崩れるとどうなるの?

「腸内フローラのバランスが崩れる=悪玉菌が優勢になる」と、さまざまなデメリットを引き起こします。

便秘・アレルギー・下痢・免疫力の低下・肌トラブルなど、さまざまな症状が出やすくなってしまうので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?腸内フローラの状態は、100人いれば100通りです。

そして、毎日腸の中では、善玉菌と悪玉菌の戦いが繰り広げられています。少しでも良い状態にするためには、善玉菌の増殖をサポートすることが大切です。

目には見えない腸の中ですが、あなたの心掛け次第で大きく変わります!