腸内フローラ改善の最善策!

腸は第二の脳と言われることがあるほど、身体の様々な機能をつかさどる器官です。

私たちが口にしたものを消化・吸収したり、便の通り道として機能したりすることだけが腸の役割ではありません。

腸がキレイですと、美肌・ダイエット・便秘解消・免疫力アップなどの効果が期待できるのです。とにかく、腸内フローラをキレイにしていくことが大切です!

そこで今回は【腸内フローラを改善するための最善の方法】を御紹介していきます。

腸内フローラの改善法1.食事内容の見直し

腸内フローラの改善のためには、食事内容に気を付けなければいけません。

肉類や揚げ物、インスタント食品、ファーストフードばかりを食べていますと、腸内の悪玉菌が増えて、腸内環境は悪化してしまいます。

そこで、腸内フローラを改善するためには、食事内容に気を付けることが大切です。 注意すべきポイントを、以下にまとめてみました。

乳酸菌や食物繊維を豊富に含んだ食材を、積極的に取り入れる

  • キノコ
  • こんにゃく
  • チーズ
  • 漬物
  • 日本酒
  • ワカメやヒジキなどの海藻類
  • 納豆
  • サツマイモ
  • らっきょう
  • きな粉
  • 味噌(みそ)
  • 乳酸菌飲料

一度にたくさん摂取しても、腸内フローラが増えるわけではありません。

毎日コツコツと、乳酸菌や食物繊維が豊富に含まれている食材を食べることが、腸内フローラの改善につながっていくのです。

腸内フローラの改善法2.ストレスを溜めない

腸内環境が悪化してしまう原因の1つに、ストレスがあります。

なぜなら、ストレスは交感神経を刺激してしまいますので、便の排せつを滞らせる働きがあるのです。

「イライラがたまる→交感神経が刺激される→排せつが抑制される→腸内に悪玉菌がたまる→有害物質が増える→腸内フローラが悪化する」という良くない流れが出来上がってしまうのです。

ですから、ストレスは溜めないようにしましょう。

自分なりのストレス発散方法を見つけて、小まめに解消していくことが大切です。

買い物・食事・友達とのお喋(しゃべ)り・適度な運動など、日常でできるストレス発散方法を見つけてくださいね。

腸内フローラの改善法3.睡眠時間を確保する

副交感神経を刺激することで、腸の動きが活性化されて、便秘解消につながります。

副交感神経を刺激するために、大切なことは「睡眠」です。

寝不足は交感神経を刺激して、便を抑制してしまいますので、きちんと睡眠時間を確保することが腸内フローラの改善につながるというわけです。

 

いかがでしょうか?腸内フローラの改善には、「食事内容」と「生活習慣」の見直しがとても大切です。

医薬品を使用するわけではありませんので、すぐに改善されるわけではありません。

しかしながら、毎日続けることで、着実に腸内フローラの改善につながっていきます。 諦めずに取り組みましょう。