プチ断食で便秘解消!断食が便秘に効果的!?

「結構食べているはずなのに、便秘がひどい」「便秘が全然解消されなくて、悩んでいる」という人に、おすすめの方法が「断食」です。

仕事で帰宅が遅くなり、食事時間も遅くなっていませんか?

また、食欲の赴くままに食べて、消化不良を起こしていませんか?

食事の量や回数がキャパオーバーしていますと、消化吸収の機能が衰えて、どうしても便秘になりがちです。

そこで今回は「プチ断食で便秘を解消する方法」を御紹介します。

断食が便秘に効果的な理由

美肌やダイエット、そして便秘効果が期待できるプチ断食。

デトックス方法の1つであるプチ断食は、短期間食事の回数や量を減らすことによって、消化機能を休ませ、体内に溜(た)まっている老廃物を排出するという方法です。

肉や揚げ物、インスタント食品などばかりを食べていますと、どうしても消化が悪くなり、便秘しがちになってしまいます。

そこでプチ断食をして、デトックス作用を高めることが、便秘解消につながるというわけです。

断食は気軽にトライしよう!

断食と言いますと、修行僧が行うツライ修行というイメージをお持ちの方も多いですが、決してそのようなことはありません。

本格的な断食は専門知識がある人のもとで行う必要がありますが、プチ断食は誰でも気軽に行えます。是非、トライしてみてくださいね。

早速、断食してみよう

1日断食のハードルが高い人は、半日から始めてください。

朝食を抜いて、14時くらいに軽めの食事を摂(と)りましょう。

お粥(かゆ)やバナナ、野菜スープなどをおすすめします。

半日断食に慣れたら、次は週末限定の断食に挑戦してみましょう。

仕事や学校がお休みの金曜日の夕食~日曜日の夜にかけて行うのが、週末断食です。

  • 金曜日夜:軽めの夕食
  • 土曜日朝:プチ断食用のジュースや野菜ジュースなど
  • 土曜日昼:プチ断食用のジュースや野菜ジュースなど
  • 土曜日夜:プチ断食用のジュースや野菜ジュースなど
  • 日曜日朝:野菜スープ
  • 日曜日昼:お粥(かゆ)
  • 日曜日夜:お粥(かゆ)

本格的な断食は、土曜日に行います。

金曜日は準備、土曜日が本番、そして日曜日が回復期と考えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「プチ断食が便秘解消に効果的な理由」を御紹介しました。

プチ断食の最大の目的は、便や腸内の老廃物を体外に出して、スッキリさせることです。

プチ断食には、食物繊維やビタミンなどの栄養成分、水分が同時に補給できる青汁や専用のダイエットサポートドリンクがおすすめです。

断食が身体のデトックス作用を引き出して、便秘解消をサポートしていきましょう。